読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

だんだん だんだん

マーケティングって難しい・・・

MHX 妄想 〜 廣澤寺温泉 玉翠楼はブルファンゴ ハンターの聖地か!?

モンハンクロス 温泉

神奈川県 厚木市にある廣澤寺温泉の旅館、玉翠楼の日帰り温泉に行ってきました。

f:id:TexasG7:20160806084607j:plain

  

■廣澤寺温泉 玉翠楼 ホームページはこちら

http://www.geocities.jp/gyokusuiro/index.html.html

 

玉翠楼へは、1.5車線程度の道路から、脇の小道に入っていきます。

小道の入り口には目立つ看板がありません。

この廣澤寺、入り口が玉翠楼の入り口と同じなので、これを目印に小道に入っていってください。

f:id:TexasG7:20160806084929j:plain

脇道に入って進みます。

f:id:TexasG7:20160806085021j:plain

 

進んでいくと、左手に廣澤寺温泉のちょっとハイなテンションの看板発見!  

f:id:TexasG7:20160806085208j:plain

 

そして、玉翠楼 到着! これが正面玄関!

f:id:TexasG7:20160806085515j:plain

 

玉翠楼玄関に向かって右手を見ると、集会所 廣澤寺に続く階段。

f:id:TexasG7:20160806090940j:plain

玄関を正面に振り返ると・・・

f:id:TexasG7:20160806091040j:plain

ん!?

f:id:TexasG7:20160806091124j:plain

木彫のブルファンゴイノシシの子供!

 

玄関入ると、写真は取れなかったのですが、名にし負う”看板娘”さんが出てきます。

一瞬、「おれ、化かされたのか!?」と思うぐらい可愛い!

看板娘さんにお金を払います。

 

玄関入るとすぐ奥に見える中庭。

f:id:TexasG7:20160806094407j:plain

この赤い欄干の橋を渡った左手奥に、男女と書かれたのれんがあって、それが温泉の入り口。

 

のれんをくぐってお風呂(男湯)に・・・。

f:id:TexasG7:20160806094732j:plain

ばーん!!

 のれんをくぐって、扉をあけると、いきなり湯船が視界に飛び込んできます。

ドアの左側に脱衣所があるのですが、入ると正面は、すぐにお風呂です。

 

ん!?

ん!?

f:id:TexasG7:20160806095107j:plain

お風呂の中にもブルファンゴ イノシシ・・・・。

 

ちなみに、お湯は無色透明。少しトロみがあります。

f:id:TexasG7:20160806100121j:plain

左手の岩の後ろに洗い場があります。

 

f:id:TexasG7:20160806095828j:plain

洗い場です。

施設は古いですが、まあその辺は・・・。

f:id:TexasG7:20160806100300j:plain

男湯は、手前の”適温”、画面の左手上に温度低めの”ぬる湯”、の2つの湯船があります。

”ぬる湯”は長湯しても、のぼせず、身体の緊張がほぐれるので心地よかったです。

冬季、気温の低い時は、寒く感じるかもしれません。

 

心地よい”ぬる湯”に浸かって約1時間、妄想からようやく抜け出し、お風呂から上がりました。

f:id:TexasG7:20160806101228j:plain

中庭の噴水の清涼感で、心理的にもクールダウン。

 

いやぁ〜、ゆっくりできました。

 

中庭を後にして玄関に向かう途中のロビーから客室へ続く廊下が見えます。

f:id:TexasG7:20160806101514j:plain

古風な日本旅館って感じです。

なんか、有名人のサインが飾ってあったので見てみました。

 

ふと上のほうを見上げると・・・!?f:id:TexasG7:20160806101803j:plain

 

えっ!?(@_@;)

f:id:TexasG7:20160806111359j:plain

 

ブルファンゴ イノシシの毛皮!!

入ってくるときには気が付きませんでしたが、こんなものがあったとは・・・。

いやぁ、剥ぎとったんでしょうねぇ

 

さっぱりできました。玉翠楼ありがとう。

と振り返ると・・・。

 

f:id:TexasG7:20160806113240j:plain

おや?

 

f:id:TexasG7:20160806113813j:plain

ここにも、ブルファンゴが。

 

あっ!

そうだよな。

リノプロスやポポは家族感が明らかで、ちょっとだけ倒すときに罪悪感があって、ブルファンゴには微塵も感じなかったけど、ブルファンゴだって、実は夫婦だったりするんだろうなぁ。

 

温泉、欄干のある橋、看板娘、ブルファンゴ、剥ぎ取り、毛皮、上り階段、

玉翠楼は、”モンスターハンター”、”ユクモ温泉”要素満載の温泉でした。

 

■入浴料

・大人 1,000円

・小人 700円

・幼児 500円

*税込み

■営業時間

・平日 午前 11:00 〜 午後 4:00

・土日/祝日 午前 11:00 〜 午後 5:00

です。

 

最後に、

f:id:TexasG7:20160806114606j:plain

帰りに半額券をもらいました。

 

次回は半額の500円!で入れます〜♪

 

玉翠楼、こちらのレポート、綺麗な写真が多くて、参考になると思います。

廣澤寺温泉玉翠楼に行ってきました。次回、半額券いただきました。 | 七沢温泉ナビ

 

だんだん、だんだん。