読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

だんだん だんだん

マーケティングって難しい・・・

シン・ゴジラの得体の知れなさ 

映画

シン・ゴジラ観てきました。

最後まで思いっきり面白かったです。

以下感想です。※ネタばれ含みます。

f:id:TexasG7:20160821203405j:plain

 

構成は、

前半:シチュエーション・コメディ

後半:ディザスター・ムービー(パニック映画)

という感じです。

前半の閣僚たちによるシチュエーション・コメディ部分が長いので、これにハマルかどうかで、評価が分かれると思います。

 

全般的に、カット割りが細かくて、とてもテンポがいいです。

とにかく展開が早いので、観終わった後に、記憶が曖昧なところが多くて、もう一度観て確認したくなりました。

多くの人が、もう一度観たいといっているのは、この辺が理由かも・・・。

 

前半部分は「ああ、会社でも、こういうの、あるある」と思うところがあって、結構、笑ってしまいました。

 

シン・ゴジラ」のゴジラは、これまで観てきた、どのゴジラより”怖かった”です。

今回のゴジラの得体の知れなさは、過去の作品にないもので、それ故に、”怖さ”が高まります。

その得体の知れなさは、例えるなら、1990年公開の米国映画の「トレマーズ」のそれかもしれません。

後半のディザスター・ムービー部分は、この”怖さ”が効いていて、ハラハラします。

 

唯一残念だったのは、石原さとみさん。

石原さとみさん演じる米国 大統領特使は、したたか、高飛車、傲慢、だけど最後はいい人、みたいな役どころなんですが、石原さとみさんは最初からいい子にしか見えないんです。

まあ、些細な事なのですが・・・。

 

120分の映画ですが、最後まで、思いっきり楽しめる映画でした。

さて、もう一度観に行かなくちゃ。

 

f:id:TexasG7:20160822061817j:plain

 

 だんだん、だんだん。