読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

だんだん だんだん

マーケティングって難しい・・・

MHX 実験 ~ おすすめ火属性双剣はどっちだ?サラマンダーvsコウリュウノツガイ

モンハンクロス ゲーム モンハンダブルクロス

モンスターハンタークロス、火属性の双剣として最高峰のサラマンダーコウリュウノツガイ、どちらがおススメか確かめるために性能を比較する実験をしてみました。

実験の内容は、同じ防具、スキル、条件で、同じモンスターをどちらが早く倒せるかで性能を比較しようというものです。

それぞれの性能は以下のとおりです。(※おまもりの達人スキルで会心率がどちらも+10になっています。)

f:id:TexasG7:20170219105041j:plain

f:id:TexasG7:20170219105118j:plain

 

物理攻撃力が高いのがコウリュウノツガイ、属性攻撃力と会心率で勝るのがサラマンダー、切れ味はどちらも同じぐらいです。

 

防具は、双剣プレイヤー御用達ともいえる桐花一式装備。

f:id:TexasG7:20170219105212j:plain

モンスターは獰猛化ロアルドロスを、それぞれの双剣10回捕獲して平均タイムを競います。

結論をまずいうと、

 

サラマンダーが早く倒せる!

桐花一式で使うならサラマンダーがおススメ。

 

です。

今回つかった桐花一式装備、お守りでの強化後のスキル構成は次のとおりです。

 

【スキル】

・連撃の心得

・超会心

・会心撃【属性】

・見切り+1

【お守り/装飾品】

・お守り 達人+10

【スタイル/狩技】

・ブシドー/獣宿し【餓狼】

 

10回のそれぞれの捕獲タイムは次のとおり。

 

 サラマンダーコウリュウノツガイ
1回目 5:22 5:28
2回目 5:16 6:08
3回目 5:34 5:21
4回目 6:04 6:12
5回目 5:22 5:54
6回目 5:01 6:13
7回目 4:37 6:48
8回目 5:51 5:49
9回目 5:57 6:09
10回目 5:38 6:29
平均 5:28 6:03

 

実験する前から、勝負は見えていたのですが、明らかにサラマンダーのほうが、多く、会心イフェクトが出ていました。

桐花一式装備は、属性と会心の一撃でダメージを稼ぐスキル構成なので、サラマンダーのほうが相性は良かったようです。

実験でつかったロアルドロスはたてがみに属性攻撃が効きやすくなっているので、大きな差がついたのではないかと思います。

それにしても、会心イフェクトが出ているときの、あのジャキジャキ感!爽快すぎて!

 

今回の実験結果では火属性双剣としてサラマンダーのほうがおススメ、となりましたが、スキル構成を変えたり、対するモンスターが違えば、結果も変わるかもしれません。

ご参考程度にお考えください。

今回の実験結果がお役に立てば幸いです、

 

・・・本当に誰か上手な人、試してもらえないだろうか・・・。

 

www.youtube.com

だんだん、だんだん。

MHX 実験 〜 桐花一式装備 vs 燼滅刃シリーズ 双剣編

モンハンクロス ゲーム

モンスターハンタークロス双剣装備の代表格、桐花一式とその他の防具の性能を比較する実験をしています。

今回は、桐花一式燼滅刃(じんめつじん)シリーズで、集会所★6 ”獰猛なタテガミを求めて”という獰猛化ロアルドロスを討伐するクエストを10回クリアしてその平均時間で比較してみました。

f:id:TexasG7:20170123212420j:plain

 

10回のクリア平均時間、

桐花一式 vs 燼滅刃シリーズは

桐花一式が早い!

という結果になりました。

 

それぞれの防具での10回のクリア時間と平均は次のとおりです。

 

 桐花一式燼滅刃シリーズ
1回目 5:22 5:34
2回目 5:16 5:58
3回目 5:34 4:33
4回目 6:04 5:54
5回目 5:22 5:26
6回目 5:01 5:54
7回目 4:37 6:11
8回目 5:51 6:14
9回目 5:57 5:23
10回目 5:38 4:53
平均 5:28 5:36

 

この10回のタイム※の比較表を見ていただいてわかるとおり、ほぼ引き分けと言ってもいい微妙な差です。

※誰か上手な人、試してみてもらえないだろうか・・・。

基本、最後は捕獲をしているのですが、燼滅刃シリーズでは、勢いで2度ほど倒してしまいました。それだけ多くの時間がかかってしまっているのですが、それでもタイムはほぼ同じです。

 

属性耐性、防御力の比較です。 

 桐花一式燼滅刃シリーズ
-10 20
10 -15
10 5
10 -10
-10 0
防御力 640 620

 

お守り、装飾品による強化後のそれぞれの防具のスキル構成は次のとおり。
(太字のところは”燼滅刃の魂”複合スキルで発動するスキルです。)

桐花一式燼滅刃シリーズ
連撃の心得 剛刃研磨
超会心 精霊の加護
会心撃【属性】 切れ味レベル+2
見切り+1 砥石使用高速化
  火属性攻撃強化+2 

桐花: お守り 達人+10

燼滅刃: お守り 火属性攻撃強化+12、装飾品 火炎珠【2】x1火炎珠【1】x1

 

武器は、桐花一式は、サラマンダーを、燼滅刃シリーズUSJのイベントクエストで入手できる素材から作ることのできる双星の紅蓮刃【永遠】を使いました。

f:id:TexasG7:20170118212203j:plain

サラマンダー見切り+1で会心率が10%UPしています。

 

f:id:TexasG7:20170123212508j:plain

双星の紅蓮刃【永遠】火属性攻撃強化+2で火属性が10UPしています。

 

ドリンク、猫飯、スタイル、狩技は次のとおりです。

【ドリンク】鬼人薬

【猫飯】猫の研磨術(桐花)、猫の体術(燼滅刃)

【スタイル/狩技】ブシドー / 獣宿し【餓狼】

 

今回の比較ですが、クリア時間の平均タイムの差はほとんどありませんでした。

燼滅刃シリーズは、火属性の攻撃力を上げたことが奏効したのか、それとも単純に切れ味レベル+2(匠+2)が効いていたのかわかりません。

優劣がはっきりすれば、実験結果が何か役に立つ情報になったと思うのですが、かなり恵まれたお守りも使っているので、誰にとっても、いまいち参考にならず・・・。

 

感覚的には、爽快なのは桐花一式で、安定感があるのが燼滅刃シリーズでした。

 

ちなみに、”獰猛なタテガミを求めて”は、2段目の報酬に1枠8%の確率で重鎧玉が出てきます。

それぞれの防具で10回中2回2個、合計4回4個重鎧玉が出てきました。

 

だんだん、だんだん。 

MHX 実験 〜 続・黒炎王一式装備 vs 桐花シリーズ 双剣編

ゲーム モンハンクロス

モンスターハンタークロス、出来すぎ装備、黒炎王一式に勝る装備はないのか、実験するシリーズ第6弾。

今回対戦するのは、桐花シリーズです。

f:id:TexasG7:20170118211251j:plain

 

以前、狩猟笛を担いで、対戦させてみました。

texasg7.hatenablog.com

 

その時は、黒炎王一式に、桐花シリーズ破れました

今回、武器は双剣、倒すモンスターを獰猛化ロアルドロスで検証しました。

対戦方法は、集会所★6クエスト、”獰猛なタテガミを求めて”を10回クリアしてその平均時間を競うというものです。

いきなりですが、まず対戦結果を言います。

黒炎王一式 vs 桐花シリーズは、

桐花シリーズの圧勝!

でした。

 黒炎王一式桐花シリーズ
1回目 6:25 5:52
2回目 5:48 4:59
3回目 7:20 6:10
4回目 7:06 6:08
5回目 6:27 6:29
6回目 6:34 5:44
7回目 5:31 6:05
8回目 6:23 6:07
9回目 7:06 6:16
10回目 6:36 5:33
平均 6:31 5:56

 

ちなみに、黒炎王桐花、二つの装備の比較は、次のとおり。

属性耐性、防御力。

 黒炎王一式桐花シリーズ
25 -10
0 10
-10 10
0 10
-15 -10
防御力 610 640

 

お守り、装飾品による強化後のそれぞれの防具のスキル構成。
(太字のところは”黒炎王”複合スキルで発動するスキルです。)

黒炎王一式桐花シリーズ
高級耳栓 連撃の心得
弱点特効 超会心
攻撃力【大】 会心撃【属性】
風圧【大】無効 見切り+1
見切り+1  

 

どちらの装備も、お守りで見切り+1のスキルを追加で発動させています。

今回、武器は主にアグナコトルの素材から作られる双剣”サラマンダー”を使いました。

 f:id:TexasG7:20170118212203j:plain

 

見切り+1スキルにより、会心率が10%UPしてます。

 

ドリンク、猫飯、スタイルは次のとおり。

【ドリンク】鬼人薬

【猫飯】猫の研磨術

【スタイル/狩技】ブシドー / 獣宿し【餓狼】3

 

狩猟対象のロアルドロスは、咆哮、風圧、地震のハンターを拘束する攻撃をしてこないので、黒炎王一式装備の守備スキル、風圧無効、高級耳栓は活かす事ができず、攻撃系のスキルの良し悪しが勝敗を分けました。

ロアルドロスはタテガミの肉質がやわらかく、火属性が通りやすいため、攻撃力【大】より、会心撃【属性】のほうが効果的に働いたのだと思います。

今回の実験は、

桐花シリーズの勝ち! 

 

ちなみに、”獰猛なタテガミを求めて”は、追加報酬に”重鎧玉”が1枠8%で出てきます。

今回の実験では、黒炎王一式は10回中4回4個の、桐花シリーズは4回5個、重鎧玉が出てきました。

 

モンスターハンターダブルクロスではおそらく特別許可クエストのレベルがG1、G2、G3まで用意され、二つ名モンスターの素材から作ることのできる装備は、そのままG級強化できるのではないかと予想しています。

やっぱり、今のレア7装備は・・・。

 

www.youtube.com

 

だんだん、だんだん。

MHX 装備 ~ 勝手にJUMPコラボ ”鬼滅の刃” 伊之助装備

モンハンクロス ゲーム 鬼滅の刃

週刊少年ジャンプの連載漫画、”鬼滅の刃”にどハマりしてます。

この漫画に出てくるキャラクタでー、嘴平伊之助(はしびらいのすけ)をモンスターハンタークロスの装備で再現してみてました。

  

鬼滅の刃 4 (ジャンプコミックス)

鬼滅の刃 4 (ジャンプコミックス)

 

 

これが伊之助装備です。

 

f:id:TexasG7:20170106223151j:plain

伊之助は、鹿の皮でできた腰巻をしています。

残念ながら、それっぽい腰防具がなく、シルエットと性能を考えて
レア6 クロムメタルコイルを使いました。

 

f:id:TexasG7:20170106223224j:plain

頭 ファンゴSフェイク

胴 王者のボディ

腕 王者のバンデージ

腰 クロムメタルコイル

足 地上最強の袴

f:id:TexasG7:20170107102603j:plain

 

武器は、伊之助が二刀流なので、双剣です。

スタイルは伊之助とは関係ないのですが、ブシドーにしました。

 

最終強化した後の防御力、属性耐性は次のとおりです。

火耐性 10
水耐性 14
雷耐性 8
氷耐性 10
龍耐性 16 

防御力  588

 

お守り、装飾品で強化したスキルは次のとおりです。

~スキル~

挑戦者+2  火事場力+2  早食い+1 

~お守り~

底力 6 (空きスロット ○○○)

~装飾品~

闘魂珠【2】x2 闘魂珠【1】x1 早食珠【1】x1

 

見た目だけで組んだわりには、意外とまともなスキル構成になりました。

 

試しに、鬼退治に出かけてみました。集会所7のクエスト
”容赦なき、金獅子相手に用心棒”に、この装備で挑んでみました。

 

f:id:TexasG7:20170108010329j:plain

 

35分ぐらいでラージャン討伐できました。 

 

f:id:TexasG7:20170106235436j:plain

タイムはさておき、ブシドー双剣は初めてだったのですが、
楽しい!めちゃくちゃ楽しい!

 

「獣の呼吸 壱ノ型!」 もとい、「獣宿し!!」 

ステージは日光が差さない、夜の古代林。

もう気分は完全に伊之助です。

しばらく、伊之助で冒険に出てみようと思います。

 

ところで、今回の装備は週刊少年チャンピオンとのコラボ防具をメインに使っています。

スポンサー的にはダメですよねぇ。 

秋田書店様、申し訳ございません。 

 

だんだん、だんだん。

MHX 実験 〜 黒炎王一式装備 vs グリードシリーズ

モンハンクロス ゲーム

モンスターハンタークロス、二つ名モンスター黒炎王リオレウスの素材から作られる黒炎王一式防具との対決シリーズ、第5弾。

今回の挑戦者は、グリードシリーズです。

f:id:TexasG7:20161230165532j:plain

 

グリードシリーズは、獰猛化イビルジョーの素材で作ることのできるレア7の防具です。

一式で斬れ味レベル+2が発動します。さらに、装飾品で強化しようとすると二者択一を迫られる業物も同時に発動し、切れ味が鋭く、そして落ちない!という夢のコンビネーションです。

白ゲージを長く維持することができます。

今回の対決は、斬れ味レベル+2 vs 攻撃力【大】+ 弱点特効 の対決とも言えます。

さて、どちらのスキルが勝つのでしょうか?

 

ちなみに、黒炎王グリード、二つの装備の比較は、次のとおり。

 

属性耐性、防御力の比較。

 黒炎王一式グリードシリーズ
25 -10
0 -10
-10 -25
0 -10
-15 -10
防御力 610 660

 

お守り、装飾品による強化後のそれぞれの防具のスキル構成。
(太字のところは”黒炎王”複合スキルで発動するスキルです。)

黒炎王一式グリードシリーズ
高級耳栓 斬れ味レベル+2
弱点特効 業物
攻撃力【大】 笛吹き名人
風圧【大】無効  
笛吹き名人  

 

グリードシリーズは、

お守り: 笛 10 空きスロット なし

装飾品: 無食珠x1 

で強化しました。

 

対決方法は、獰猛化イャンクックを討伐する集会所★6クエスト”獰猛個体・調査依頼”10回平均クリア時間で競いました。

 

ドリンク、武器、ネコ飯などの条件は次のとおり。

【武器】”狩猟笛”

【ドリンク】鬼人薬

【ネコ飯】ネコのKO術

【スタイル/狩技】ブシドー/音撃震3 

 

今回、どちらの防具もドドブランゴの素材から作ることのできる、白猿琴ドドボロンを使いました。

性能はこんな感じです。

f:id:TexasG7:20161230165744j:plain

 

これが斬れ味レベル+2スキルで斬れ味ゲージがこうなります。

 

f:id:TexasG7:20161230170110j:plain

 

旋律は攻撃力強化【大】自分強化だけ吹きます。 

f:id:TexasG7:20161230170213j:plain

 

重ねがけで攻撃力が1.2倍になります。

 

さて10回勝負の結果ですが、以下のとおりです。

 黒炎王一式グリードシリーズ
1回目 7:14 8:04
2回目 6:22 8:01
3回目 7:14 7:18
4回目 7:11 7:06
5回目 8:35 6:03
6回目 7:08 7:52
7回目 6:25 7:35
8回目 8:22 8:07
9回目 6:23 6:49
10回目 9:19 7:01
平均 7:25 7:23

 

結果は、

黒炎王一式装備 vs グリードシリーズ

グリードシリーズの勝ち!

でした。

 

初めて、黒炎王一式装備に並ぶ防具が現れました。 

斬れ味レベル+2は意外に効果があります。

モンスターハンタークロスでは、斬れ味レベル+2を発動させるのは、めちゃくちゃ難しいのですが、その難易度に見合う能力がある、ということだと思います。

グリードシリーズは、業物がついているので、切れ味レベルの白を長時間維持できました。

斬れ味レベルがあがると、会心率、属性攻撃力も強化されるそうで、今回の白猿琴ドドボロンと相性が良かったのかもしれません。

とはいえ、黒炎王一式装備は、最後になぜか9分台になってしまい、この不運がなければ、またも黒炎王一式が勝っていたかもしれません。

 

ところで、グリードシリーズ空きスロット無しで拡張性はありません。

そのままでは、腹減り倍化というマイナススキルも発動します。

属性耐性も全てー10以上という属性攻撃に対して激弱レベル。

この装備、いったいどうやって運用するのでしょう?

 

ちなみに、今回の対戦で集まった重鎧玉は、黒炎王一式は1個、グリードシリーズは3回4個の合計5個。

 

f:id:TexasG7:20161230171516j:plain

 

 

だんだん、だんだん。

MHX 実験 〜 黒炎王一式装備 vs アスリスタシリーズ

モンハンクロス ゲーム

モンスターハンタークロス、二つ名モンスター黒炎王リオレウスの素材から作られる黒炎王一式防具との対決シリーズ、第4弾。

f:id:TexasG7:20161225210150j:plain

 

今回の挑戦者は、アスリスタシリーズです。

f:id:TexasG7:20161225191653j:plain

 

アスリスタシリーズは、モンスターハンタークロス初登場のオストガロアの素材とその他のモンスターの”骨髄”素材で作ることのできるレア7の防具です。

一式で切り札(チャンス)というモンスターハンタークロスから登場したスキルが発動します。

発動中は、攻撃系の狩技の威力が1.2倍になります。

他に明鏡止水(無心)という狩技ゲージが溜まりやすくなるスキルも一式で発動します。

狩技の効果を最大化する方向のスキル構成です。

 

本来ストライカースタイルで使う防具なのでしょうが、今回、武器に選らんだ狩猟笛だとストライカーは向かず、エリアルで挑みました。

 

さて、黒炎王アスリスタ、二つの装備の比較は、次のとおり。

 

属性耐性、防御力の比較。

 黒炎王一式アスリスタシリーズ
25 0
0 10
-10 5
0 5
-15 -20
防御力 610 660

 

お守り、装飾品による強化後のそれぞれの防具のスキル構成。
(太字のところは”黒炎王”複合スキルで発動するスキルです。)

黒炎王一式アスリスタシリーズ
高級耳栓 切り札
弱点特効 明鏡止水
攻撃力【大】 悪霊の気まぐれ
風圧【大】無効 氷属性攻撃強化+2
笛吹き名人 笛吹き名人

 

アスリスタシリーズは、

お守り: 氷属性攻撃 12 空きスロット なし

装飾品: 氷結珠【2】x1 鼓笛珠x5

で強化しました。

 

対決方法は、獰猛化イャンクックを討伐する集会所★6クエスト”獰猛個体・調査依頼”10回平均クリア時間で競いました。

 

ドリンク、武器、ネコ飯などの条件は次のとおり。

【武器】”狩猟笛”

【ドリンク】鬼人薬

【ネコ飯】ネコのKO術

【スタイル/狩技】エリアル/音撃震3 

 

今回、どちらの防具もドドブランゴの素材から作ることのできる、白猿琴ドドボロンを使いました。

f:id:TexasG7:20161225210258j:plain

どこかの国の竪琴がモチーフなのでしょうか?

 

性能はこんな感じです。

f:id:TexasG7:20161225210357j:plain

 

旋律はひたすら攻撃力強化【大】を吹きます。 

 

f:id:TexasG7:20161225210442j:plain

重ねがけで攻撃力が1.2倍になります。

 

さて10回勝負の結果ですが、以下のとおりです。

 黒炎王一式アスリスタシリーズ
1回目 8:41 7:54
2回目 8:32 8:21
3回目 8:54 8:51
4回目 7:58 8:20
5回目 7:40 7:46
6回目 8:42 7:15
7回目 8:33 8:56
8回目 6:35 8:48
9回目 7:31 7:34
10回目 6:31 7:21
平均 7:55 8:06

 

結果は、

黒炎王一式装備 vs アスリスタシリーズ

勝者は黒炎王一式装備!

でした。

 

アスリスタシリーズ、惜しい!実に惜しい!

あと一歩でした。

切り札は、気絶(スタン)ダウンのいずれかの状態になったときに発動します。

発動すると、腕が金色に輝き叫ぶ輝きます。

イャンクックの場合、気絶(スタン)は序盤で1回は確実に取れます。さらに、罠と乗りダウンでチャンス状態を最低3回は作れます。 

※非怒り状態のイャンクックに音爆弾を投げると立ったままダウン状態になりますが、この状態はチャンス状態ではありませんでした。

  

ちなみに、今回の対戦で集まった重鎧玉は、黒炎王一式は0個、アスリスタシリーズは2回2個の合計2個。

重鎧玉の入手確率は、報酬枠の数が変動するのでどうしてもブレてしまいます。

 

アスリスタですが、双剣で、再挑戦してみたいです。 

このロングコートのような出で立ちが、某少年マンガ誌の剣客浪漫譚に出てくる小太刀二刀流を使うキャラに似てて・・・。

 

チャンスを活かすことは重要で。

しかし、そのチャンスを見誤らないようすることも、同じく重要だと思います。

 

勝ち馬に乗る! やりたいことより稼げること

勝ち馬に乗る! やりたいことより稼げること

  • 作者: アルライズ/ジャックトラウト,高遠裕子
  • 出版社/メーカー: 阪急コミュニケーションズ
  • 発売日: 2007/02/01
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • 購入: 1人 クリック: 36回
  • この商品を含むブログ (28件) を見る
 

 

 

 

だんだん、だんだん。

カスタマーサポートに相談するお客様にみる国民性

マーケティング

外資系IT企業のカスタマーサポートを担当していたかたからこんな話をききました。

ソフトウェアはなかなか複雑なもので、不具合が発生してしまうことがあります。

そうなるとカスタマーサポートに、不具合の報告と修正の依頼が寄せられます。

そのカスタマーサポートに相談してこられるお客様には国民性が出るようです。

以下、各国のお客様とサポートのやり取りです。

 

1:米国のお客様

お客様:不具合がある!

サポート:同じような症状を改善する、これこれこういう回避策があります。

     お試しいただけないでしょうか?

お客様:了解。試してみる。

終了~♪

 

2:ラテン系の国々のお客様

お客様:不具合があったぞっ!ごらぁ!!
   どうなってんだ!
   こっちはすごく大変な目にあっているんだ!!
   ふざけるな!ゆるせん!バンバンバンバン!

サポート:それはそれはお困りですね。どういった症状かお聞かせいただけませんか?

お客様:これこれ、こうで、ああで、めちゃくちゃ大変なんだよ!

サポート:こういう問題がおきると大変ですよね。
     ちょっと今調べますので、少しお待ちください。
     ところで、御社はどちらにあるのですか?

お役様:某某某所だが、なにか?

サポート:ああ、行ったことがあります。
     あそこにまるまるまるまるってお店ありますよね?
     ピザがとってもおいしかったです。

お客様:おおっ!あの店知ってるの?
    そうなんだよ、あれめちゃくちゃおいしいんだよ。
    でもな、他にほにゃほにゃって食べ物があるんだけど、
    あっちのほうがもっとおいしいぞ。
    食べた?

サポート:いえ、知らなかったです。そうなんですか?

お客様:おうよ、絶品よ!地元じゃ有名だぜ。
    あれをさ、ほにゃらら風にして食べるとうまいんだよ。

サポート:知らなかったです、教えてくれてありがとうございます。
     今度試してみます。

お客様:おう、今度いつくる?くるときは連絡くれよ。
    他にもいい店知ってるから連れて行ってやるぜ。

サポート:本当ですか!? 是非!いやぁ楽しみだなぁ。
     お知らせいただいた問題の回避策が見つかりました。
     かくかくしかじかです。

お客様:アミーゴ!そうかい!それゃ、よかった!
    めちゃくちゃ助かったぜ ♪

    今度来るときは教えてくれよ!アミーゴ ♪
    じゃあな~♪

終了~♪

 

3:日本とドイツのお客様

お客様:これこれこういう不具合がありました。

サポート:その症状でしたら、こういう回避策があります。
     お試しいただけないでしょうか。
お客様:とりあえず、試してみます。
    では、後で、原因と解決策、解決策の提供時期を報告してもらえますか?

サポート:わかりました。

~後日~

お客様:先日報告したあの不具合、原因はわかりましたか?
サポート:いえ、まだ調査中で・・・。
     回避策はいかがでしたでしょうか。
お客様:同じ症状は出ていませんが、当方としては、
    解決策と原因の報告を、いただきたいのです。
サポート:3週間後に、Updateの提供が開始されますので、おそらくそれで
    問題の箇所は修正されているかと・・・。
お客様:まず、問題の原因をきちんと報告してください。
    当方としては、問題が解決したと思っていませんから、
    原因を報告してもらえるまでは!

終了・・・・・しません!
原因報告して、お客様が”納得”するまで終了しません!


とのことです。

米国のお客様は合理的で、とりあえずシステムが動けばよいという考え方。

ラテン系のお客様は、最初は感情的で怒って電話してくるそうですが、しばらく話しているうちに、打ち解け、最後は友達のようになって終わるのだそうです。

ドイツと日本のお客様というのは、不具合の原因がはっきりするまでやり取りが続き、長期化しやすいのだそうです。

別にどこかの国のことを馬鹿にしているわけではありませんので、あしからず。

 

だんだん、だんだん。